Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://windfencer.blog45.fc2.com/tb.php/251-eae06a89
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ルイーダの酒場に残されるのは大体商人

ぺり子さんのブログにコメント残そうとしたら文字数足りなくなったのでこっちに全部書こう。

機械相手に特典を出すなら、音程よりも発声量だったりします。(これは昔「いいとも」で志茂田景樹が音程ガン無視で高得点を取っていたところから実証済み)
人前で上手く…もとい、下手に聞かれないようにするならラップ系がお勧め。
テンポがあっていれば音程はかなり誤魔化せます。
さて、それ以外ですけど、音程を追いかける為には「よく聞く」ことが大切になってきます。
元の曲をよく聞くことも重要ですけど、自分の出している音が自分のイメージの音と同じか。
ここで発声量が重要になってきます。
自分の録音した声と違うのは通常の発生時の音は体の振動で伝わってきているので違ってくるのです。
バケツをかぶって歌ってみるとか、録音して聞いてみるとか。
意識よりも高い音が出ていることに気付くはずです。
僕は自分の演技時の声が未だに慣れません。
歌う時の声はずいぶん慣れてきました。
話が反れました。
原曲の音程と、自分の発声が合っているか。
無理に出した音だと上手く聞こえてこないので
自分の音程に合わせて曲のキーを調節する。元キーで歌うことにかっこよさを見出す人が多いですけど、喉を痛めて下手に聞こえるくらいならキーを合わせて持っている音域を最大限に使うほうが上手く聞こえます。ここ重要。一番重要。

さて、最後に癖の強い歌い手の歌の場合
「如何にイメージをつぶせるか」
になります。言い換えたら
「自分の歌として歌う」
真似て歌ったら真似事になります。
表現として取り込むのは問題ないですが、癖までコピーしてしまったら元も子もなくなってしまいます。
演技、歌、全てそうなんですけど「正解」はないんですよ。
自分の表現で自分の歌にしてしまうのが「正解」になります。
カラオケなんだし、細かい表現は上を目指すもの、プロの領域になりますから。
その場合は発声方法、呼吸、音程の基礎からになりますけどね。

さて、最後に
音痴なんて人はいないんですよ。
自分の音が聞こえてないだけ。周りの音を聞いていないだけ。
意識すれば簡単に直せます。
楽しいミュージックライフを。



かっこよく閉めたはいいんですけど、タイトルが「ん」で終わってしまいましたので
次からは別のルールでれっつごー
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://windfencer.blog45.fc2.com/tb.php/251-eae06a89
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ラーサ&綾辻来斗

Author:ラーサ&綾辻来斗
ラグナロクのLKラーサと綾辻は同一人物。
どちらかにしてもいいんだけど、まぁ、付き合い長いので。

日々の生活やラグナロクのことがらなんかを。
LK?AGI-LUK型に決まってんじゃん

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。